町長選挙

『町長選挙』 奥田英朗

なんだか、好みが分かれそうな内容だなぁ。
4つの連作短編からなっているんだけど、どうみても1・ナベツネ、2・ホリエモン、3・黒木瞳がモデル。
4つめはそういう系ではなく、面白い。伊良部は特に何もしてないけど。
実在の人物がモデルの小説を好む人はいいけど、好まない人には駄目そう。
私は微妙…の、駄目寄り。

普通の小説かいてよ…なんだか、社会派気取ってる?問題提起しようとしてる?って冷める。

ま、でも4が面白いし、マユミちゃんが活躍しているから買ってよかった。

個人的順位。
4 >> 1 > 2 >>> 3

※ちなみに
1・オーナー
2・アンポンマン
3・カリスマ稼業
4・町長選挙
[PR]
# by minato_1116 | 2006-04-15 23:45 | 奥田英朗

Y

『Y』 佐藤正午

書評ブログを読むのが好きです。面白い本を読むと、その本をググってはいろんなサイトを覗いています。
未読の本はネタバレに会う率が高いから見ないようにしているけど。今でも悔やまれるのは『葉桜の季節に君を想うということ』と『ハサミ男』と『慟哭』。
全て斜述トリックですが、どれも読む前にトリックを知ってしまった…ため、今も未読。
分かっていて読んでも面白いのかな。今度読んでみようかな。
それで、お気に入りの書評ブログをブックマークしてほぼ毎日巡回しているんですが、その中にひとつ微妙なブログがあるんです。
とても有名なブログで、更新もマメだし書評もすごく面白い。ただ、その評価が私と真逆…。
もちろんいろいろな感想があってしかるべきだし、自分の感想が正しいなんて全く思っていないし、100人いて100人から絶賛される本なんてありえないと思っているんですが…。
それにしても真逆とは。
私が五つ星をつけた本が酷評されていたり、私が投げ捨てようかと思った本が絶賛されていたり。
あ、でも伊坂幸太郎さんいいねーっていうのと荻原浩さん前は面白かったけど最近はダメだーっていうのは同じです。少し嬉しい。
でも、そのほかの本は(読書数は私のほうが全然少ないんですが)ことごとく。
で、そのブログでオススメされていたのがこの『Y』。
気にはなったんですが、どうだろう…好みが違うみたいだし私にはダメかも…と思いながらも、書店にあったので読んでみました。

====================================================

いわゆる「タイムパラドックス」ものですが、タイムトラベルする本人が主人公ではありません。
タイムパラドックスものは「冒険譚」っぽいのが多いですが、本書は40代の悩みを多く抱えた男性が主人公で、しっとりと苦い話です。うん、良作だと思う。
ただね…主人公以外の書き込みが足りないので、他の登場人物の心情や、なによりも北川の行動に対して共感が出来ない。
特に女性の書き方に不満を覚えました。
これで○○とくっついちゃったらどうしようーと思ったんですが、最後に彼女と街を歩くシーン、良かったです。
でも多分読み返したりはしないだろうな…。

あるサイトで、「年齢によって感じ方が違うかも。若い読者には受け入れられないのではないか」という書評を見たので10年後くらいにまた読み返してみるかも?
[PR]
# by minato_1116 | 2006-04-11 18:57 |

逃亡作法

『逃亡作法』 東山彰良

感想が難しい…。欠点がたくさんあるんです。
特に気になるのは文章。
まず、会話文で「誰が誰に向かって話しているのか」が分かりにくいところが多々ある。
洒落な会話が多いけれど、多すぎて煩わしい。
地の文も、「誰がどういう状況で何をしているのか」が分かりにくい。
欠点というか未熟さかな。デビュー作ですし。
でも、そういう欠点を感じつつも、ページを繰る手が止まらない。
雰囲気・勢い・センスはすごいと思います。
優等生的な『九月が永遠に続けば』と真逆ですね。欠点は多いけど、その他の部分で突出している。
これから大化けする可能性を秘めた作家さんではないでしょうか。
文章的なことは単なる技術不足だと思うので、これからが楽しみです。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-04-11 18:54 |

本購入

週末に本を何冊か購入。最近また図書館に行かなくなってしまった。もう収納スペースがないのに…。
読み終わったらまた図書館に行くぞー。

『チーム・バチスタの栄光』海堂尊
『柔らかな頬』上下 桐野夏生
『おしまいの日』 新井素子
『Y』 佐藤正午

『チーム・バチスタの栄光』これ、すごく楽しみ。今年の、「このミステリーがすごい!大賞」の大賞受賞作。
なんでも満場一致で決まったとか、今世紀最高の大賞受賞作だとか(今世紀は始まったばかりですが…)、実際にレビューを見ても評判いいみたいだし楽しみー。
作者は現役の医師です。医師が病院の小説を書くのってリアルで面白そうだな。しかし多才な人だなあ。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-04-11 18:50 | 日常

九月が永遠に続けば

「九月が永遠に続けば」 沼田まほかる

第五回ホラーサスペンス大賞受賞作。沼田さんは50代の方らしいです。
上手いです。本当に新人?と思うほど筆力が安定していて高い。
情景描写や心理描写も巧み。
でもね…「突出している」というよりも「欠点がない」といった感じなんです。
なんだろうこの物足りなさは…。
何がテーマかわからない、人物造詣はいいのに掘り下げ方が足りない、または登場人物全てに密やかな葛藤があることを、仄めかすのでも掘り下げるのでもなく中途半端に出してしまっているので消化不良(焦点がぼやけてる)、といったところが気になります。
主人公含め登場人物それぞれ、凡人でありながらその奥に微妙な歪みが感じられ、それが作品全体の不穏な雰囲気につながってるとは思いますが、もっとなー、せめて主人公だけでももっと深く!と思ってしまいました。佐知子にも狂気の芽や、歪んだ自己愛を感じますが、「感じる」で終わってしまってるのが。簡単に言えば「もっと壊れて!」っていう感じです。
そういう意味で、息子の失踪を中心にするのではなく、佐知子の内面の葛藤にもっと比重を置いたほうが良かったかな…。
反対に、越智や服部の描写はもう少し少なくても良かったような気がします。
あともうちょっと!!って思うんですよ。もう少し、ワンシーンでも、心に響くシーンや内面の深い洞察なんかがあれば、感想は全然違っていたと思います。

例えば、宮部みゆきさんの「火車」の中の、父親の死亡記事を探して新聞を読むシーン。
人間の弱さや浅ましさや醜さや悲しさに、心底ゾッとしました。

「新人賞」ということで、賞を取りやすくするために、優等生的に纏めてしまったのかもしれません。
次回作に期待です。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-03-28 20:14 |

第三の時効

「第三の時効」 横山秀夫

面白かったです。この人はきっと体育会系なんだろうな…。熱い。
犯人との攻防、心理戦、警察内部の勢力争いなんかが堅めの筆致で書かれています。
う~ん、男の世界って感じ(警察内部の事ね)。
横山秀夫さんは他に2作品読んでいて(「動機」と「半落ち」)それがイマイチだったから手が遠のいていたけれど、他作も読んでみようと思いました。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-03-28 20:13 |

ドリームバスター3

「ドリームバスター3」 宮部みゆき

2が出たのはいつだったか…多分2~3年前だと思うんですが、ストーリーをすっかり忘れてしまっていました。
ま、読み進めるうちにだんだんと思い出してきたので問題なし。
私は宮部さんの書くファンタジーはいまいち好きになれないんですが、この「ドリームバスター」シリーズは結構好きです。
といっても特に感想はないんですが…いえ、面白かったんですけどね。相変わらず、出す作品の質が高め安定している方だなぁと。
えっと、私は、宮部さんは「綺麗事」を書く人だと思うんですよ。
でもその綺麗事度合いが絶妙で、リアリティが無くなるほどの綺麗事でもなく、弱さも醜さもあるけど、最後には人間の力を信じている…といった感じの綺麗事です。救いがあるって言うのかな。
もちろん、それは実際にあると思います。でも宮部さんの書く人間の力は、多分現実はこのくらいじゃないかなーって言うのよりもほんの少し上をいっていて、だからこそ希望を与え読後感がいいけども、それでいてリアリティを失っていない。
すごく優しい目を持っている人なんだと思います。
だから安心して読めるんですよねー。好きです。たまにその救いが「これって緩い?」と思ってしまうこともありますが…
きっと読むほう(私)の感情次第なんだろうな。
疲れてたりして重い話を読みたくない時には救いのある話を求めて。暗くても陰惨でもガンガン読めます!っていう時にはもっと深く内面まで突き刺すような小説を求めて。
去年、本当にいろんな事があって疲れていた時は漫画しか読めなかったもんな(しかもギャグ漫画か分かりやすい少年漫画のみ)。
本もたまに読んでいたけど再読だけ。しかもあまり心情描写のない本格物とか。
その時に読んでいる本で当時の心境が分かりますね。面白い。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-03-28 20:11 | 宮部みゆき

呪われた町

「呪われた町」上下 スティーブン・キング

なるほど。これがお国柄か。ものすごく善悪がはっきりしている。キリスト教的思考。
愛した相手でも、あちら側に行ってしまえば異形のものなのね。
神を信じ、自分を信じ、悪を滅ぼす。悪はあくまでも悪。
面白かったけど、典型的日本人的思考の私には小野不由美さんの「屍鬼」のほうが共感できた。
神を信じきれず、自分を信じきれず、悪に同調する人も出てくる。愛する人があちら側に行っても、わかっていても切り離せない。
それにしても、ラストの展開がものすごく似ていて、いいの?と思った。ま、小野不由美さんもオマージュだと言っているし、基本設定とラストの一部分以外は全く別物だから平気かな。
面白い本が多いのは単純に嬉しいし。「屍鬼」を読み返そうかな。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-03-28 20:10 |

村上春樹さん

村上春樹さんがフランツ・カフカ賞を受賞されたそうです。

おめでとうございますー。
といっても外国の文学賞なんて全く知らないんですが(フランツ・カフカ賞はチェコの文学賞)。
どうも、ここ2年続けてフランツ・カフカ賞受賞者がその年のノーベル文学賞を受賞されているらしく、もしや今年も…と期待してしまいます。
村上春樹さんは大好きな作家さんですし、リアルタイムで読んできたのでやはり気になります。

ノーベル文学賞の発表は10月。楽しみ。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-03-28 20:09 | 日常

暗闇の中で子供

「暗闇の中で子供」 舞城王太郎

ものすごい衝撃を受けた「煙か土か食い物」の続編。

前作は閃きと行動力でチャッチャッチャッと事件を解決する外科医の奈津川四郎が主人公だったけど、今回は内省的でナイーブな、四郎の兄で作家の三郎が主人公。
それだから前作に比べて疾走感も爽快さもパワーダウン。
三郎は事件そのものよりも、己の人生や家族や小説や恋愛についてうじうじうじうじ考えている。
事件は前作よりも一層凄惨で残酷。使い捨てのように人が殺されて、その動機も酷い。
暴力描写も苛烈を極めて正直不愉快。

そして構成が…意味が分からない。
現実と三郎の虚構と妄想が(多分)入り混じっていて、しかもその境目がはっきりしない。
池の名前が違うとか同じ人が二回殺されているとか所々にヒント(?)はあるんだけど、そもそもどっちが現実なのか分からないし。
便宜的に最初に出てきたのが現実だとすると、由里緒と初めて直接会ったところで現実は終わってしまうわけで、そしたら小説の3/4くらいは嘘?
それはさすがに…でも最後に三郎が『だから俺は嘘を書く』と言っているわけだし…
う~ん分からない。
そもそも池の名前と橋本敬の死因が現実と虚構を分けるヒントだとしても、それが出てくるのは物語のほんの一部分で、そのほかの部分は結局判断つかない。
そして謎の多くは解決されないまま、最後には三郎の独白によってまた新たに大きな謎が提示され、三郎の自己完結の(ある意味身勝手な)解放と救済で物語は終わる。
終わるっていうか…。なんだあの終わり方。読者を置き去りにするってこういうことか。

でも舞城さんはやっぱり好き。
「良くも悪くも強烈な作家」で、煙~は良い部分、暗闇~は悪い部分が出たのではないかと。
ま、でも、読者に好意的な解釈をさせて考察させなければ成り立たない小説は良くない小説だと思います。

最後の文が好き。
『だって結局どこまでいっても俺は三郎。三郎三郎ふふっふ三郎デュビデュバ。イエー。』

※ネットで検索したところ、3章以降は全て三郎の創作ではないのか?という説が濃厚らしい。
2章の思わせぶりな終わり方と、池の名前と橋本の死因の相違と、2章までは「由里緒」だったのがそれ以降は「ユリオ」になっていると。なるほど。
しかし小説の大部分が登場人物の創作であるというのは是なのかな?
続編の噂もあるようだけどどうなんだろう。続編が出て初めて答えがわかる小説なのかも。
[PR]
# by minato_1116 | 2006-03-15 20:52 | 舞城王太郎